顔脱毛

医療レーザー脱毛とは、医療機関での専門の医師や看護師によって行われる医療用レーザーでの脱毛治療のことをいいます。

 

医療レーザー脱毛は、アメリカで永久脱毛としてFDA(米国食品医薬品局)認可を受けた医療用ダイオードレーザーを使用している美容外科病院もあります。

 

医療脱毛レーザー機での脱毛の特徴は、何と言ってもその効果!!

 

アメリカではもちろん日本国内でも、医師の管理下でのみ使用が許可される医療機器なのです。

 

でも、レーザーと聞いて不安になられる方もいらっしゃると思います。
ちゃんとした美容外科では、初回カウンセリング時にテスト照射を行うので、毛が脱毛される様子を実際に見て、納得した上で治療を開始できます。

 

医療レーザー脱毛にご興味のある人は、一度その効果をあなたの目で確かめてみましょう。

 

もちろん、カウンセリングのみで帰ってもいいのです。
大切なあなたの肌を十分納得頂いた上で、脱毛治療を開始しましょう。

 

こういった利用者の不安を取り除いてくれる対応をしてくれない美容外科は避けたほうがいいでしょう。

続きを読む≫ 2014/12/06 09:12:06

顔脱毛という言葉をこれまでに聞いたことありますか?
顔脱毛とはその名のとおり、顔のうぶ毛やなどをなくしてしまう脱毛のことです。

 

自分で顔そりをしたりして顔脱毛を自己流でしている人が多かったのですが、最近ではエステや美容外科で脱毛をすることが一般的となってきました。

 

今では顔脱毛コースというのが人気を集めているそうです。

 

顔脱毛は自己流でワックスやクリームで自宅ですることもできますが、やはり面倒なことと、お肌へ傷がついたりすることを敬遠してか、エステや美容外科での永久脱毛の方が人気です。

 

 

顔の産毛はよーく鏡を見ると本数も多くて、毛抜きで抜いても抜いてもキリが無いくらい生えています。

 

だからといってカミソリなどでの剃毛は、肌荒れや色素沈着などを招く可能性もあるといわれています。
実際に自分で顔剃りをしたことがある人はわかるでしょうが、意外と難しいんです。

 

また、一般的に脱毛は産毛のような細い毛を抜くほうが太くてしっかりした毛を抜くより痛いと言われています。

 

除毛用のワックスやクリームは痛みこそありませんが、一時的な解決にしかならず、顔の産毛はまた生えてきます。
ワックスはクリームの肌への影響も気になります。

 

もちろん自分で産毛を抜いてもまた産毛が生えてくる場合がほとんどです。
とにかく、繰り返しお手入れをするのが面倒ですよね!?

 

 

顔脱毛をするなら、多少料金がかかってもエステや美容外科病院で永久脱毛する方がメリットがあります。

 

それは顔脱毛には眉毛脱毛・生え際脱毛などのコースもあり、産毛を処理するということ以上の効果があるからなんです。

 

また、エステや美容外科での顔脱毛では、毛穴が引き締まり、結果的に小顔に見えるようになるとも言われています。

 

なぜなら産毛をなくすことによってフェイスラインがハッキリして、顔が引き締まって小さく見えるようになるからでしょう。

 

ご自分でお手入れし続けることもいいのですが、一度、エステや美容外科での顔脱毛をお試しになってはいかがでしょうか?
予想以上に満足できるかもしれませんよ?

続きを読む≫ 2014/12/06 09:10:06

顔の永久脱毛を考えたことがある人は多いと思います。
毎回カミソリや毛抜きでお手入れするのも、とても面倒で大変なものですから。

 

またカミソリを当てることで肌が傷み、黒ずんできたり、毛穴や毛の断面が気になったりするものです。

 

そんなあなたの悩みが解消できるのが、顔の永久脱毛なのです。

 

最近では男性が髭の永久脱毛をすることも珍しくはありません。
全部脱毛してしまうと言うよりは、ヒゲが濃すぎると感じている男性が適度なヒゲの密度にするために顔脱毛をする人もいます。

 

顔の永久脱毛には眉の周り、鼻下、ほほのあたり、フェイスラインなどの永久脱毛があります。

 

毎回剃刀でお手入れするのも手間がかかり、何より肌を傷めてしまいます。

 

顔の永久脱毛の方法は、脱毛の処理を数回に分けて繰り返し成長→退行→休止の毛周期を考慮して行います。
顔の永久脱毛は、毛周期に合わせ時間をかけてすすめていきます。

 

顔の永久脱毛には大きく三つの方法があり、レーザー脱毛(光脱毛)、ニードル式脱毛、電気絶縁針脱毛があります。
これら顔脱毛の永久脱毛はエステで受けるものだけでなく、家庭でも手軽に出来るものがあります。

 

 

市販の家庭用光脱毛器は、フラッシュライト方式のものやピンポイントで脱毛できるものがあり、価格も様々で各種販売されています。

 

細い針を毛穴の一つ一つに差し込み、弱い電気か高周波を流すことで脱毛する方法のことを、電気絶縁針脱毛やニードル式脱毛といいます。
コーティングされた針に電気を流して行う脱毛で、皮膚に直接電気や高周波があたらないので、皮膚の炎症や色素沈着を起こすケースが少ない永久脱毛の方法です。

 

料金や方法については、各エステで違いがありますので、よく調べて自分に合った顔の永久脱毛を選択するようにしましょう。

続きを読む≫ 2014/12/06 09:07:06

顔脱毛を病院でする場合はオススメの方法があります。
それが非熱式脱毛です。

 

産毛には含まれているメラニン色素が少なく、レーザー脱毛では十分に抜けないこともあります。

 

さてこの非熱式脱毛の仕組みですが、まずDAエッセンスを施術部分に塗り、脱毛機からオソンを噴射します。
すると、DAエッセンスが不活性化成分に変化します。
マイナスイオンとプラスイオンの力で、毛穴を開き、不活性化成分を毛根に浸透させていきます。

 

そうすると毛根は退化してしまいます。
この施術を何回か繰り返していくと、毛が生えなくなります。
少しずつ毛が細くなっていって自然に?顔脱毛が完了します。

 

この方法の特徴は、レーザー脱毛のように施術後すぐに毛が抜け落ちるわけではなく、徐々に毛が細くなっていき、まばらになっていき、やがて完全に顔脱毛される、というゆっくりとしたところです。

 

平均で3〜4回目の施術から効果が出て来はじめるようです。

 

多少の時間はかかりますが、この方法の顔脱毛のメリットは脱毛による痛みが全くないことです。

 

痛みがないということは、つまり、アフターケアに気を使わなくて済むわけです。

 

この利点だけでなく、さらには、レーザー方法と違って料金もリーズナブルですので、いいところづくしの顔脱毛です。

 

まだ現時点では顔脱毛で熱式脱毛を行うエスティックサロンは他と比べると少ないみたいですが、徐々に増えてきているようです。

続きを読む≫ 2014/12/06 09:05:06

顔脱毛って??…と思う人もたくさんいらっしゃると思います。
顔そりとは何が違うの?…と私自身も疑問に思ったので、違いと調べてみることにしました。

 

人間の顔には細かい産毛がいっぱいあります。
この産毛などがたくさんあると、お化粧ノリが悪くなったりするので、かみそりなどで処理する人も多いです。

 

産毛は細かいのでこれまで脱毛するという考え方はあまりされていませんでした。

 

顔脱毛は多くの女性にとって悩みの種となっています。
額と頭の境目、眉毛の周り、口元などは、女性でも毛が生えている人も多くて、よく顔脱毛の対象となる部分です。

 

 

この顔脱毛にもいくつか方法があります。

 

自分で顔脱毛するならカミソリやシェーバーで剃ったり(でもこれだと除毛しかできていません)、毛抜きで抜く、顔脱毛用のクリームを使う、そしてエステやクリニックでの顔脱毛をしてもらうなどがあげられています。

 

自分で顔をそる場合、その後余計に濃くなったとしばしば言われていますが、実際には、濃く見えるようになっただけなのです。

 

なぜなら、自然に生えてきた毛は先端が細くなっていますが、剃った場合、その先端の細い部分が太い部分で裁断されるために、断面積が広く見えます。
そのため毛が濃くなったように感じるのです。

 

 

自分で毛抜きなどで抜く場合は、肌が弱かったり繰り返し同じ箇所を抜いたりすると炎症を起こしてしまう場合がありますので注意が必要です。
それに、産毛はいーっぱいあります。
1本1本抜いていたのでは時間がいくらあっても足りません。

 

顔用の除毛クリームは、たしかに毛を溶かすものの、大切な肌まで溶かしてしまうこともあります。
これではキレイになれませんよね。

 

より効果が長持ちするのはやっぱり永久脱毛です。
しかしこの場合、どうしてもお金がかかります。
他の方法のように何度も処理する必要がなくなるので、お金に余裕がある方の場合は、オススメできる顔脱毛の方法です。

続きを読む≫ 2014/12/06 09:04:06